スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴミ拾いが空前のメガトレンドになっている!? 邪悪新聞創刊号

邪悪新聞

ゴミ拾いが空前のメガトレンドになっている!?


今や街の至る所でゴミ拾いを行なっている姿が
日常的に見られるようになってきました。
学生団体、一般企業、専門の社会企業まで多くの人々が密かに、
しかし確実に注目してきている『ゴミ拾い』について、
戦略的視点からその魅力と可能性に迫りたいと思います。

その戦略はどうなのか
お金になるのだろうか

実際にゴミ拾いで社会事業を行っている団体を紹介します。

グリーンバード

http://www.greenbird.jp/about/

全国でかなり多くの人が各地域でゴミ拾いに参加しているようです。
一ヶ月に一回とか二回三回とか
コンスタントにゴミ拾いを行っているチームがある。

グリーンバードの活動をしながら
自分達の経営しているショップを写真にとってブログなどで宣伝していたり、
企業側でグリーンバードに参加し、
ゴミ拾いをやりつつ自社のPRや社員同士の結束を高めていたりもする。
参加者はかなり有効的な活動をしているようだ。
ただ単純にいいことをしているということだけではなく
このような活動は用途や動機も様々だろうが、

やはりゴミ拾いをある種ビジネスチャンスに結び付けていくことは
戦略的にはありだろうと思う。
むしろスタンダードではないか。

このホームページを観れば日本の北から南や海外まで活動場所がある。
参加者は老若男女と幅広い。
やはりゴミ拾いはメガトレンドというしかない。

イメージを売りにすることは新しいな大事だなと思った。

活動報告がホームページにあり、活動資金の為の寄付先が書かれている。

参加者が多いだけ寄付金が集まる。それを資本としてより大きなことができる。
これは拡大再生産の考え方で、経済学的にもに合致している。

ただ交換取引ではなくて、あくまでも皆がやって欲しいということをやる。
だからお金くださいというような参加型、共感型のビジネスというのが他と違うことかなと思います。
非常に新しい発想ではないかと思いますね。

またゴミ拾いを各地でやってる参加者は楽しそうで、それ自体がステータスになっているように思う。

もはやゴミ拾いは嫌だとか辛いとかそのようなイメージはもう古いのだろう。

多様なメリットやチャンスに溢れているのではないでしょうか。


つづく


記者(がじ)


スペシャルサンクス

ニコニココミュニティ
 
大人の社会科チャンネル

Wednesday Navigator FK・第2回目・『ゴミ拾い』を戦略的に考える!
2012年8月15日放送分より

http://www.nicovideo.jp/watch/so18675770

本文はこちらのアーカイブ動画を参照

✩毎週水曜日21時より、ニコ生「大人の社会科」チャンネルにてFKが放送やってます。
http://ch.nicovideo.jp/channel/shakaika

俺達☆邪悪会

クリンナップチーム

清掃革命☆多摩川ゴミ拾い

http://www.nicovideo.jp/mylist/30447669

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
検索フォーム
カウンタ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。