スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴミ拾いが空前のメガトレンドになっている!? 第3回戦略的な社会事業

JWG ジャパン・ウォーター・ガード

元々ここは群馬県の株式会社ソーエンhttp://so-en.net/がつくったNPO団体です。

その団体が自社が炭素繊維http://so-en.net/tansoseni.htmlを扱っている会社なのでそれを使って水質改善に使えるということで、それを利用して労働の部分をNPO化して極力お金がかからない形で水質改善をして企業の有効な製品を普及していこうという感じで活動されている会社のようです。ミラカーボンの説明として詳しくはこちらと http://so-en.net/cf-frame.html とこちらに詳しい http://so-en.net/miraconbu.html炭素繊維を使った活動をご紹介します。
これがなかなかすごいんです。

埼玉県の芝川という全国的に見て汚い部類だった河川がありましてそれを復活させたという事業です。

http://npo-jwg.com/kyusibakawa.html
この川を再生させようと色んなことをされていたようで、マスコミを使ったり地域住民にも訴えかけたり、当時下水道があまり完備されておらず、汚い水を垂れ流していた旧芝川付近にえひめAIという生活排水を綺麗にするようなものを普及させて復活させて行ったようですね。

それから炭素繊維ついていえば、水の浄化作用が高いということですね。それを水の中に入れておくだけで汚泥を吸収出来て、生態系をつくりあげることが出来るという最近注目されている代物なんですが、そういったものを使って汚染を除去したようですね。小島昭教授をお呼びして炭素繊維などの敷き詰めを行ったようです。2006年に始まって2009年の状態をリンクで観ますとヘドロが除去され生物が住めるような環境を作り、ミラカーボンというのが炭素繊維なんですけれど、これが浮き輪で昆布みたいに川に垂らしていますね。そうしていたら、アオサギなんかもやって来て、アオサギは綺麗な川にやってくるんですが、そういう鳥や魚などが帰ってきたということで、かなり環境が改善されてますね。http://npo-jwg.com/kyusiba.html
企業などと市民が中心となって水質改善というものを戦略的観点で行い、
行政まで動かして川というものを綺麗にして行ったということも素晴らしいですね。
ソーエンは炭素繊維だけ売らず社会的な方法でお金がまわるようなことをしたという点でもすごいですよね。

今回は戦略的な社会事業の方法と技術と市民活動の可能性について触れているように思えます。


記事(がじ)

スペシャルサンクス

ニコニココミュニティ
 
大人の社会科チャンネル

Wednesday Navigator FK・第2回目・『ゴミ拾い』を戦略的に考える!
2012年8月15日放送分より

http://www.nicovideo.jp/watch/so18675770

本文はこちらのアーカイブ動画を参照

✩毎週水曜日21時より、ニコ生「大人の社会科」チャンネルにてFKが放送やってます。
http://ch.nicovideo.jp/channel/shakaika

俺達☆邪悪会

クリンナップチーム

清掃革命☆多摩川ゴミ拾い

http://www.nicovideo.jp/mylist/30447669

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
検索フォーム
カウンタ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。