スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月15日の第七回答創「言論コンテンツを創ろう」

だいぶブログが遅れ気味ですみません、ヤピです。

今回のメンバーはお誕生日席のFKさん、左側のKayさん、右側のノッチさん、そして放送担当ヤピでした。

IMG_0434_R.jpg

以前よりKayさんはなんらかの議論したことを書き残していく場というモノを作っていきたいという思いがあったそうです。
それにFKさんも賛同し、例えば既存の言論カフェなどのようにカフェやバー形式にしつつゲストを呼んで
公開していく場を作っていこうという話になりました。

ただまぁ私の文章と一緒で、言論=堅いイメージがあると思われるので、面白そうな言葉に変えられないか?という
状況へ。

議論の結果、名前は「思考カフェ」とすることへ。

この思考カフェというプラットホームの下にいろいろな団体の議論をするコンテンツ(例えばKayさんの豊かさ哲学、FKさんの答創など)を配し、現在は参宮橋スタジオ将来的には専用の議論する場を作っていこうということに
なりました。

ではこのプラットホームを行うことによって何の成果を得ることが出来るのか?
・とにかく社会問題でも答えの出てないものでも とにかく議論する場を作る
・第三者視点を持てるファシリテータ(司会者)を育てることでさらなるコンテンツリーダーを育てることが
できる
・世代を超えた会話が無くなってきたこの時代で、各視聴者層の世代間ギャップを埋める場を創設することで
相互理解が深まる

ということがあるだろうということになりました。

またこの議論の中で、特に世代間ギャップを埋める方法として特にご老人をこの議論をしている場にお呼びして
大いに語ってもらったらいいのでは無いかという考えが生まれてきました。
これをこの議論を放映しているニコニコ動画のアンケート機能を使ってここの議論を覗いてる方々に問いかけを
してみました。
すると

アンケート ご老人の方々の生話を聞いてみたいですか?
という問いに対し
Yes 88.9%
No 11.1%

と言う結果に。

ちなみにこの時点での視聴者層は
年代
20代 25%
30 37.5%
40代 25%
総来場者数117名時点
という感じでした。

需要があるなら是非ともやってみようということで今後このご老人の方々の話を聞く場を作っていこうという
流れに。

またその際の話す内容は
じじばば体験記
・戦争について
・若者について
・人生について
・学生運動の武勇伝
・昔より良い時代になたか?
・後生に残したい実体験
などなど
視聴者の反応も良かったです。

その後はこのコンテンツをどのように創っていくのかという議論になりました。

以上がこの日の内容でしたーではでは

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
検索フォーム
カウンタ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。